アメリカ旅行・イエローストーンへ行く前のおすすめ穴場スポット!サウスダコタ州への行き方、観光、宿泊、ツアー情報

アメリカの大自然に触れたい!と計画されている多くの方は、その候補地の1つにイエローストーン国立公園を入れていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?アメリカは国土が広いために、国立公園を巡ろうと思うと、滞在日数によって行ける場所がかなり限られてきます。

もしも、イエローストーンへの滞在日数+2、3日間くらい余裕があるのなら、是非、サウスダコタ州に行き、そこからイエローストーンまで車で行かれることをお勧め致します。

それはなぜかと言いますと、サウスダコタ州にはアメリカでも有名な観光地である、4人の大統領の巨大彫像であるマウント・ラシュモアや、アメリカインディアン・スー族のリーダーをたたえる巨大岩面彫り彫刻があり、さらに、バッドランズ国立公園、ウインドケープ国立公園など、日本では見られない壮大な景観に圧倒されるスポットが沢山あります。サウスダコタ州ならではの大草原のみが地平線まで広がる光景など、ここでしか見ることのできない景色をせっかくですから観に行きませんか?

サウスダコタ州を1日観光し、2~3日目にイエローストーンに向けて途中デビルスタワーを観光しながら長時間ドライブで向かえば、3~4日目からはイエローストーンを存分に楽しむことができます(私は1日目はサウスダコタ州、2日目ドライブ、3日目にはイエローストーンに到着しました)。

それでは、サウスダコタ州への行き方、観光情報、宿泊情報を今からご紹介致します。

サウスダコタ州の基本情報(場所、空港、時差、気温など)

サウスダコタ州の場所

サウスダコタ州は、アメリカ合衆国中西部に位置します。東西に340km、南北に610kmのほぼ長方形の形をしています。

サウスダコタ州の地図

州の真ん中あたりに時間変更線(Time Zone Line)があるため、同じ州内でも場所によって1時間の時差が生じます。日本との時差は、15時間~16時間(Time Zone Lineにより時差が違う)です。

サウスダコタ州の空港・レンタカー

サウスダコタ州西部のラピッド・シティ(Rapid city)に、ラピッドシティ リージョナル空港(Rapid city Regional Airport:RAP)があります。この空港周辺に、サウスダコタ州の主要な観光エリア(マウントラシュモア、クレイジーホース・メモリアル、バッドランズ国立公園など)がほとんどあります。

空港にはアメリカの主要なレンタカー会社(Alamo、AVIS、Budget、Hertzなど)の窓口がありますので、ここでレンタカーを借りて、目的地へ観光に行くのがおすすめです。レンタカーは日本で事前予約していくことで、かなり格安で契約することができますので、必ずネットで事前予約していきましょう!

サウスダコタ州・ラピッドシティリージョナル空港でレンタカーを予約する↓(出発場所に southdakota と入力すると、ラピッドシティリージョナル空港が出てきます)

 

格安レンタカー予約はEasyRentCars

レンタカーを借りる際の注意事項

注意1:主要レンタカー会社のほとんどが、違う営業所で車を返却すること(乗り捨てすること)ができます。乗り捨てしたい場合は、借りる際にone way(もしくは、Return to different location)といった項目がある場合は、必ずそこにチェックを入れることを忘れないようにしましょう。

注意2:レンタカーを借りる際には、日本で取得した国際免許証と日本の自分の免許証が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

注意3:アメリカでレンタカーを借りられる年齢は21歳以上です。また、21歳~25歳の場合は、追加料金が必要になります。


注意4:慣れない地で、周りに何もないような広大なエリアを車で走行します。途中、道が悪い場所もありますし、何かあっても誰も助けてくれないような場所も車で走りますので、保険とロードサービス(AAA)などにはしっかり加入しておくことをお勧めします

私のトラブル体験談…私は乗り捨てするつもりでレンタカーの事前予約をしたはずだったのですが、実際は私のミスで乗り捨ての予約ができていませんでした…。しかも大手ではないレンタカー会社だったため、そもそもその会社自体が乗り捨てシステムがなく、結局、ラピッドシティの空港の営業所で予約をその場でキャンセルし、新たに違うレンタカー会社の窓口に直接行って車をレンタルし直すトラブルがありました。こうなるととても面倒なので、皆さま、乗り捨ての際は、申し込み時に乗り捨ての予約ができているかチェックしましょう!

ラピッドシティリージョナル空港でレンタカーを予約する↓(出発場所に southdakota と入力すると、ラピッドシティリージョナル空港が出てきます)

格安レンタカー予約はEasyRentCars

観光ピークシーズン・気温・服装

観光のピークシーズンは夏で、最高気温は25℃~35℃前後まで気温が上昇します。夏の降水量は低めです。冬は-9℃まで最低気温が下がることもあり、観光には適していません。

服装は、バッドランズなどの国立公園ではトレイルを歩くことも多いため、動きやすい服装、履きなれたスニーカーがおすすめです。また、日差しがとても強いため、日焼け対策をしっかりしましょう。長袖の薄手の羽織りもの、帽子、日焼け止めなど忘れないようにしましょう。(日傘は持っていかれても良いと思いますが、風の強い日などでは適していませんので、日傘がなくても大丈夫なように日焼け対策をしていきましょう)。

サウスダコタ州の主要な3つの観光名所

サウスダコタ州の3つの観光名所の説明です。1日で3か所とも観光可能です。

マウント・ラシュモア

マウント・ラシュモアの写真

花崗岩の岩肌に削られた巨大な4人の大統領の顔の彫像は、世界的にも有名な観光地です。アメリカインディアン部族のスー族の聖地と言われるブラックヒルズのラシュモア山に、マウント・ラシュモア国立記念公園(Mount Rushmore National Memorial)はあります。ラピッドシティ・リージョナル空港から、レンタカーで約32マイル(約50㎞)・約40分程度かかります。マウント・ラシュモアの詳細はコチラをご覧ください。

クレイジーホース・メモリアル

クレイジーホース・メモリアル

マウント・ラシュモアから車で16マイル(26キロ)・約30分弱の距離にあります。アメリカインディアンのスー族の戦士をイメージしたクレイジーホース・メモリアル。地上からの高さはなんと641フィート(約195.4メートル)もあります。1948年6月3日から彫刻作りが始まり、約70年経った今でもほとんど未完成です。間近で見ると、すごい迫力です。クレイジーホース・メモリアルの詳細はコチラをご覧ください。

バッドランズ国立公園

バッドランズ国立公園

大平原(プレーリー・Prairie)の中にある広大な岩山地帯、なんと50万年の歳月の中で風雨にさらされることで、荒々しい岩肌の地形ができあがったそうです。この中を車で走り抜けるだけでも感動するのですが、トレイルを歩くこともできます。野生のプレーリードッグにも会えます。バッドランズ国立公園の風景写真の数々はコチラをご覧ください。

3つの観光名所の地図

サウスダコタ州の観光地図

その他のサウスダコタ州の観光スポット

・ウインドケープ国立公園:ボックスワークと呼ばれる、蜂の巣の形をした方解石で有名です。

・ウォールドラッグストア:ウォールという町にある世界一大きいドラッグストア。バッドランズ国立公園Pinnaclesのゲートから約14キロ。お土産ショップ、レストランもあるので、立ち寄ると楽しいです。

・デッドウッド:デッドウッドの街は、ラピッドシティから約66km北西にあります。西部開拓時代にゴールドラッシュに沸いたそうです。ウエスタンの街並みがとても雰囲気があります。

サウスダコタ州のおすすめ宿泊エリア

rapid cityで宿泊されることをお勧めします。rapid cityはサウスダコタ州の主要な観光地(マウントラシュモア、クレイジーホース・メモリアル、バッドランズ国立公園など)にも約1時間程度で行くことができますし、Rapid cityには宿泊ホテルも多数あり、街にレストランも多く便利です。私はちなみにRapid cityのグランドゲートウェイホテル(Grand Gateway Hotel)に宿泊しました。部屋もキレイで、特に何の不満もなく気持ち良く宿泊することができました。

注意:アメリカの地方の、それなりに普通以上の評価のあるホテルは、日本のホテルと比べるとどこも部屋がものすごく広い(1.5~2倍くらいの広さ)ので、日本人からすると、その広さだけでまず満足します。ただ、アメリカのホテルには、アメニティとして歯ブラシやスリッパが付いているところはほとんどありませんので、忘れずに必ず持参しましょう!

ラピッドシティのホテルを探す↓

リアルタイム空室確認が分かりやすい!エクスペディアの海外ホテル

サウスダコタ州への行き方

個人旅行!日本から出発する場合

サウスダコタ州(Rapid city Regional Airport:RAP)への飛行機は、日本からの直通便はありません。サウスダコタ州へは、アメリカ合衆国の主要都市(ミネアポリス、シカゴ、デンバー、ソルトレイクシティ)からの便がありますので、日本からはこれらの主要都市で1回、もしくはそれ以上の回数を乗り継ぐ必要があります。乗継時の待機時間にもよりますが、最短で片道約15時間程度かかります。

東京発の飛行機ですと、乗り継ぎ回数が最低1回で行ける便が出ています。名古屋(セントレア)や大阪発の場合は、乗り継ぎ回数が最低2回必要になります。

個人旅行!アメリカの他州から出発する場合

サウスダコタ州にはアムトラック(長距離旅客鉄道)が走っていません。車、もしくは飛行機で来る必要があります。飛行機の場合は、サウスダコタ州(Rapid city Regional Airport:RAP)へはミネアポリス、シカゴ、デンバー、ソルトレイクシティからの便がありますので、これらの都市での乗継が必要になります。

航空券の検索はコチラから↓(航空券とホテルを同時購入するとお得です)

日本発着のツアー情報

クラブツーリズムから、イエローストーンとマウントラシュモア(さらにクレイジーホース・メモリアル、バッドランズ国立公園、デビルスタワー国定公園、グランドティートン国立公園)を巡る日本発着のツアーが出ています!アメリカ中西部のおすすめ観光スポットをほとんど網羅しているツアーですので、是非チェックしてみて下さい!↓

仲間と出会う、感動と出会うクラブツーリズムの旅/北米旅行

お隣の州(ワイオミング州)へ足を伸ばせます

お隣の州であるワイオミング州には、デビルスタワー国定公園があります。デビルスタワー国定公園はラピッドシティから約171キロ。巨大な岩で、映画「未知との遭遇」で有名になりました。こちらもおススメです。

 

↓アメリカのお土産をこちらで購入して、旅行に集中するのもありです。

アメリカのお土産
スポンサーリンク