究極の癒されるおしゃれなインテリアグッズ・ラジオメーターのご紹介!一人暮らしや家族、引っ越しや入学祝いにもおすすめ

究極の癒しグッズ「ラジオメーター」をご存知でしょうか?ラジオメーターとは、光が当たると、その光の強さによって速度を変えながら自然にクルクルと回転する、ドイツ生まれのインテリアグッズです。

我が家には本場ドイツ製のラジオメーターが1つあるのですが、これがもう、本当に素敵でおしゃれで癒されます。部屋の片隅で静かに太陽の光を浴びながらクルクル回転する姿が、とにかく不思議で魅力的。ラジオメーターを眺めていると、まるで小さないきものと一緒に住んでいるかのような、なんとも言えないあたたかい気持ちになります。

ラジオメーターは、その回転の仕組みをアインシュタインも不思議に思って解明に力を注いだほどで、一度目にすると、大人も子供も誰もが思わず魅入ってしまうグッズなのです。ですので、小学校や中学、高校などの入学祝いにもピッタリですし、一人暮らしの方、ご家族でお住まいの方、性別年齢も問わず贈り物にも最適だと思います。

というわけで、今回は、ラジオメーターのご紹介をします。

 

ラジオメーターの回転する仕組みって?

ラジオメーター

ラジオメーターが回転する現象は、イギリスの物理学者ウィリアム・クルックスが発見したそうです。

写真をご覧になるとお分かりになるように、まるい形のガラスの中に、4枚の羽根があります。この羽根はそれぞれが表裏で色に違いがあり、一方が「黒色」、もう一方が「銀色(←製品によっては白色だったりします)」です。低圧に保たれたガラスの中で、「銀色」の面よりも、光の吸収率が高く温まりやすい「黒色」の面の方がより熱を持ちます。その結果、空気が高温から低温の方へ流れるという動きが生まれ、羽根がクルクル回転すると言われています。

ただ、他にも羽根が回転する仕組みは諸説あり、アインシュタインが解明しようと躍起になったのも分かる気がします。

 

 

ラジオメーターの特徴

ラジオメーター

それではまず、私の持っているラジオメーターの写真とともに、ラジオメーターがどのようなものなのかご紹介しますね!

様々なタイプのラジオメーターがある

ラジオメーターは英語での呼び方で、ドイツ語では「リヒトミューレ」と呼ばれています。ですので、販売店によっては「リヒトミューレ」として取り扱っているお店もあります。

私が持っているラジオメーターは透明なガラスの自立型のものですが、クリスマスのオーナメントのように吊り下げるタイプのものや、ガラスに絵柄が画いてあるもの、また、ガラスに着色してあるものなど、様々なラジオメーターがあります。

 

 

↓楽天のこちらのショップは、ラジオメーターの種類が豊富です!



 

 

ドイツのガラス職人さんの技が光る

ラジオメーター

ラジオメーターの外側はガラス製なのですが、これはドイツのガラス職人さんが一点一点手作りされているそうです。見ればみるほど繊細で華奢なつくりが、なんとも大人っぽくて上品でおしゃれです。

手作りですので、製品1つ1つのかたちや大きさに少しずつ違いがあるところも素敵です。つまり、自分が手にとったラジオメーターは、この世界でたった1つしかないモノ。なんだかそれだけで特別感がありますね!

 

おしゃれな薄い羽根が4枚

ラジオメーター

表が銀色、裏が黒色の薄い四角の羽根が4枚付いています。銀色の部分が渋めにキラキラ輝いているので調べてみたところ、どうやら雲母(石)でできているそうです。

このシルバーとブラックの四角い羽根の組み合わせや、薄いガラスの雰囲気が、ちょっと無機質っぽくもあり繊細なお洒落さを演出しているのだと思います。

 

光でクルクル回転する

ラジオメーター

太陽光や白熱灯などの赤外線を含む光で回転します。電池も要らないですし、ただ窓際に置いておけばOKですので、とってもラク!

お天気の良い日は速度が速く、曇り空だとゆっくりです。キャンドルも試してみましたが、かなりゆっくりですが回転していました。蛍光灯やLEDなどは回転しません。

 

ラジオメーターの魅力

これが1番の魅力!いきものと暮らしているような癒し効果

ラジオメーター

私はこのラジオメーターの一番のウリは、これではないかな?と思うのですが、自分や家族以外の何か別のいきものが、自分とは違う時間軸で、自分に害を及ぼすことなく勝手に生活しているのって、実はすごく癒されるのです。

ペットを飼っている方は、その癒しをペットからもらっていると思うのですが、お世話やら色々な理由でペットを飼っていない人には、特にこのラジオメーターはおすすめです。

なんでしょうね、お世話もしなくて良いし、ただ部屋に置いておくだけ。なのに、毎日のお天気に合わせて回転がゆっくりになったり、速くなったり、夜になると休む。また翌朝、気づいたらクルクル回転している、しかも昨日とは違う速度で。在宅ワークの合間に疲れてパソコンからそらした視線の先に、今日もクルクルと自分のスピードで回っている。とにかく、いきものみたいで、見ていて飽きることがなく、とても心地よく、どんどん愛着すら沸いてきます。

悲しいことがあったり、嬉しいことがあったり、どんな時も、傍でなんだかクルクル動いている。自分の人生の傍観者のようであり、実はいつも寄り添って良い距離感で見守っていてくれる存在…みたいな(言い過ぎか?笑)。

とにかく、意外や意外、ものすごく癒されるので(えっ、それは私だけ!?笑)、おすすめなのです。

 

魅力②オシャレなインテリアに

ラジオメーター

ラジオメーターは昔は理科の実験器具として使われていた歴史があるそうですが、それだけに、今、試験管やフラスコ、シャーレなどといった理科の実験器具を模したガラス製品が雑貨屋さんのインテリアコーナーでオシャレに販売されているように、ラジオメーターもインテリアグッズとしてかなり活躍してくれます。

ラジオメーターの色や形、絵柄などによっても雰囲気は全く変わってきますが、飽きがくることなくシンプルにオシャレに飾りたい場合は、私の持っているような、透明のガラスタイプがどんなお部屋にもマッチして良いような気がします。ラジオメーターの隣に観葉植物のグリーンを置いても、なかなか素敵でしたよ!みなさんのアレンジで素敵なラジオメーターの空間を作れると良いですね!

 

魅力③子供達と回転する仕組みを考えよう!

ラジオメーター

ラジオメーターの良いところは、「回転する仕組みはどうなっているのだろう??」と、眺めている誰もが気になってくるところです。お子さんに、ちょっとした科学の話をしてあげるのも素敵だと思います。

専門用語なんて必要ありません。

例えば…、「黒い服を着ていると暑くなりやすい。反対に白い服だと、黒色よりも涼しく感じる。これは、黒色が本当に暑くなりやすいからだよ。それと同じで、ラジオメーターの羽根も、熱くなりやすい黒色と、それより涼しい白色っぽい色が使われている。熱い空気が冷たい空気を追いかけて、空気が動くことで、羽根も動いているんだよ。」

うーん、勝手に適当に考えた例え話でちょっと下手で申し訳ないですが…。

こういう話題をきっかけに、子供達が色々な物事に興味を持ってくれるようになったら嬉しいですよね。色によって涼しさが違うとか、空気は見えないけれど自分達の周りに存在しているとか、暖かい空気と冷たい空気の性質とか、身の回りの不思議なことって沢山ありますよね。

 

魅力④入学のお祝いやプレゼントに最適!

ラジオメーター

子供から大人まで性別も年齢も問わず、そして一人暮らし、家族暮らしという生活スタイルも問わず、誰にでもプレゼントできるグッズって意外に少ないと思うのですが、こちらのラジオメーターは小学校、中学校、高校などの入学祝いにもピッタリですし、一人暮らしの方や、引っ越しのお祝い、お誕生日や父の日、母の日のプレゼントとしても喜んでいただけると思います。

ただ、例外がありまして、下の「使用上の注意点」にも書きましたが、未就学児等の小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、ちょっと早いかもしれません。お子様がもう少し大きくなられたら、是非、おすすめですよ!

 

↓ちなみに、私が持っているドイツ製のラジオメーターはこちらです。


 

↓ドイツ製はお値段が高いものが多いです…。でも、素敵ですが…。

 

 

ラジオメーターの使用上の注意点

ラジオメーター

小さなお子様の手の届かない場所に!!

ラジオメーターはとにかく繊細なつくりになっています。持ち上げると、薄いガラス製ですのでとても軽いです。小さな子も簡単に持ち上げられますので、投げられたら一巻の終わりです…。子供達が近くで遊んでいて、ふいにおもちゃが飛んできて不運にもラジオメーターに当たってしまったら、たぶんダメです。

私は何かあってもすぐにラジオメーターが転がり落ちないように、ラジオメーターの底側に地震用の粘着マット?を敷いています。効果のほどはよく分かりませんが…。

私の子供達も喜んでいつもラジオメーターを眺めていますので、子供の「目」の届くところには置きたい…、でもできるだけ「手」の届くところには置きたくない…、と相反することを常に考えています。でも、ラジオメーターを夢中になって凝視している子供の背中を見て、結局、「目」も「手」も届くところに置いてしまっています…。共生って難しい。いつか「パリ~ン!!!!」と音がしたら…潔く諦めるしかないです。

 

まとめ

ラジオメーター

ラジオメーターのご紹介をさせていただきました。オシャレで癒されるラジオメーターをお部屋に飾って、毎日を気分良く過ごせると良いですね!!

スポンサーリンク