コスタボダ(北欧雑貨)のスノウボウルのキャンドルホルダーで癒されよう!アウトドアにもおすすめ

スウェーデン・KOSTA BODA(コスタボダ)社の上質なキャンドルホルダー・SNOW BALL(スノウボウル)をご紹介します。スノウボウルは、光に当たるだけでガラスがキラキラと反射して周りがまばゆく輝き、キャンドルを灯すとさらに幻想的に光を放ち、それはもう、眺めているだけでうっとりするキャンドルホルダーなのです。

毎日の生活の癒しのために、気分転換のアウトドアやキャンプの夜に、スノウボウルのキャンドルホルダーで上質な時間を楽しみましょう!

SNOW BALLとの出会い

ストックホルム

私がこのキャンドルホルダーを最初に目にしたのは、仕事で初めてスウェーデン・ストックホルムに行った初日に、現地の方に連れて行っていただいた築100年以上の歴史を感じる素敵なレンガの建物の中に入っているレストランでした。

キャンドルホルダー

ディナーを食べにお店に足を踏み入れた瞬間、店内の重厚感のある不思議な落ち着いた雰囲気に圧倒されました。店内は照明を最低限におさえてあって薄暗いのですが、各テーブルの真ん中にはキャンドルが灯してありキラキラと宝石のように輝きを放っており、ものすごく幻想的でした。そのキャンドルこそが、今回ご紹介するコスタボダ社のスノウボウルでした。

キャンドルホルダー

キャンドルってこういう風に使うものなのだな…と、レストランのメインの照明としてテーブルのキャンドルが使用されている空間に心から癒されたと同時に、キャンドルをこんな風に効果的に使用することで、空間の雰囲気がグッと温かくなって安らぐのだと初めて知った瞬間でもありました。

キャンドルホルダー

コスタボダ社のキャンドルホルダー・スノウボウルの第一印象が素敵すぎてこれ以降とりこになり、私は帰国時に3つのスノウボウルを自分へのお土産として購入し、今も大切に愛用しています。

というわけで、今回ご紹介するのは、持っているだけで生活や心を豊かにしてくれる、コスタボダのキャンドルホルダーの魅力です。

キャンドルホルダー

 

 

コスタボダ(KOSTA BODA)とは?

コスタボダ

コスタボダは、スウェーデンのガラスメーカーであり、ヨーロッパで現存する最古のガラス工場を保有する歴史のある会社で、北欧ブランドとしてもとても有名です。コスタボダ社の生み出す商品は、独創的なデザインやセンスに優れており、クオリティも良いために価格帯は若干高めではあるのですが、長い目で見ればとてもコストパフォーマンスが高く、商品を一度手にすればその上質なつくりに納得できると思います。

コスタボダの公式オンラインストアには会社説明として以下のように記載されております。

1742年スウェーデン南部のスモーランド地方で設立されたガラス工場「コスタ」に始まる。

社名はスウェーデン国王カール12世配下の二人の将軍アンダース・コスクルとスタン・フォル・ホステンの名前を組み合わせて作られ、ヨーロッパの現存するガラス工場の中で一番古い歴史をもつ。

その後、「ボダ」社との合併を経て71年社名を「コスタ ボダ」とした。

芸術性、カラー、デザインにおいて類を見ない特徴的なブランドとして世界中にファンをもち、スウェーデン王室の晩餐会でも使用されている。

現在も一流の芸術家でもある専属デザイナー達と熟練した職人達の息のあったチームプレーにより、北欧らしい芸術性あふれる製品を作り出している。

 

コスタボダ社は、”ガラスの中の気泡は失敗ではなく、アートと捉える”といったような今までにない発想で、ガラス業界の中でも一目置かれる存在として、今も世界中から注目を集めているのです。

 

コスタボダ

 

 

キャンドルホルダー・SNOW BALLの特徴

キャンドルホルダー

SNOW BALLのサイズは3種類

 

スノウボウルのサイズはS、M、Lの3種類あります。どれも中央にキャンドルを入れる円筒型のくぼみ部分があるのですが、このくぼみ部分の大きさはS~Lのサイズにかかわらず皆同じです。キャンドルのサイズが大きくなるほど、くぼみ部分を覆うガラスの厚みが増します。

キャンドルホルダー

↑左がMサイズ、右がSサイズ。どちらも手のひらにのせられる大きさです。キャンドルを入れるくぼみ部分の大きさは同じです。

Sサイズでさえも手にするとずっしりと重さを感じ、ガラスの厚みと品質の高さが伝わってきて、なんだか贅沢な気持ちになります。

 

↓楽天でスノウボウルを購入することができます。


 

 

洗練されたデザイン

キャンドルホルダー

スノウボウルは、”雪玉”というネーミングから想像できるように、まるくキラキラした透明感のあるデザインです。氷の彫刻のようでもあり、雪のようなかわいらしくはかなげな感じでありながら、ガラスの無機質で涼しげな雰囲気も不思議に併せ持っており、こういうところは、さすが北欧雑貨!と言いたくなるセンスの良さが光っています。

表面はでこぼこしているのに、手に触れた感触はとても滑らか。そして机に置いてみると、キャンドルホルダーにとって一番重要ともいえる安定感があり、ちょっとやそっとの振動では倒れないつくりですので安心です。

この、シンプルだけれど考え抜かれたフォルムこそが、インテリアの邪魔をせず、飽きることもなく、長く愛用できる秘訣なのだと思います。キャンドルホルダーとしてではなく、インテリアとして飾っておいたり、ちょっとしたジュエリーなどの小物入れとして使用するだけでも素敵で存在感があり、その場を上品にオシャレに演出してくれます。

 

キャンドルを灯すと幻想的!

キャンドルホルダー

キャンドルに火を灯すと、とにかく幻想的な空間が広がります。

キャンドルのでこぼこした表面が、良い具合に光を散乱させて、炎の揺らめきとともに周りの空間にもキラキラと輝きを放つのです。うっとりと癒されます。

キャンドルホルダー

↑暗い場所のSNOW BALL。   ↓明るい場所でもキラキラと素敵に輝きます。

キャンドルホルダー

キャンドルの光はもともとリラックス効果があると言われていますが、このSNOW BALLは、その輝きやキャンドルホルダー自体の美しさもプラスされており、まさに極上の癒しのひとときを感じられるアイテムだと思います。

毎日の生活の疲れをいやすためだけでなく、仲の良い仲間とアウトドアやキャンプでの夜の憩いのひとときに、このSNOW BALLはきっと素敵ないろどりを添えてくれることと思います。

スウェーデンといえばオーロラ、氷のホテル、トナカイ、氷河、そして冬は極夜(ほとんど太陽が昇らない)国としても有名です。雪深く光がない冬の長い期間を、いかに心豊かに過ごすかということを追求したスウェーデンだからこそ生まれた、SNOW BALLという名のキャンドルホルダーです。はるか遠く寒い北欧の雪や氷のキラキラした世界を、このちいさなキャンドルホルダーを通して感じてみませんか?

スノウボウル

↑本物の雪のキャンドル。

↑本物の氷のキャンドル。

キャンドルホルダー

 

小さな植物やお花を活けても素敵

スノウボウル

↑庭のフランネルフラワーとアイビーを活けてみました。

このキャンドルホルダーですが、小さな植物やお花を活けるのもおすすめです。私は時々、気分転換で庭に咲いた花や植物を活けています。

SNOW BALLの透明感のある雰囲気が植物のグリーンと相性がとても良く、涼しげです☆テーブルにさりげなく飾ってみても、存在感があってその場がパッと明るくなりますよ。

水替えが面倒な方は、こまめな水やりを必要としないエアープランツを飾ったり、小さな鉢植えの多肉植物をこのSNOW BALLに合わせてみてもオシャレだと思います。

スウェーデン

まとめ

スノウボウル

北欧ブランドとして世界的に有名なコスタボダのキャンドルホルダー”SNOW BALL”をご紹介いたしました。家でのリラックスタイムや、アウトドアやバーベキュー、キャンプの夜など、様々な場面を癒し空間に変えてくれるSNOW BALLのキャンドルホルダーです。

極寒の雪国でしか味わえない幻想的な世界を、上質なSNOW BALLのキャンドルホルダーで身近に感じてみてはいかがでしょうか?


 

・無機質でオシャレな雰囲気が魅力!ガラスの不思議な癒し雑貨”ラジオメーターの魅力”の記事もおすすめですので、良かったらチェックしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク